『 復興には愛が必要だ 』

そんな思いから始まった「南阿蘇ラブチェアー」プロジェクト。

地域の住民の手で作った10脚を超える椅子が、道の駅や各種観光スポット、全線復旧を目指す南阿蘇鉄道の各駅など、南阿蘇エリアの様々な場所に設置されています。

 

南阿蘇ラブチェアー 設置場所リスト
※クリックで各スポットの詳細ページが開きます※

           

 

南阿蘇ロードマップ(2018年7月版)

※クリックでPDF版(5,77MB)が開きます※

ラブチェアーの特徴は、なんと言ってもその「傾き」。
椅子の座る部分の板が外側から真ん中にかけて下がっていきます。
この椅子に座ったら、自然とお尻同士がくっついて、ラブラブな感じに!?

2016年に発生しました『 熊本地震 』

これまでたくさんの方々より、支援、ご指導を戴いておりますことに感謝いたします。

 

私ども、『 南阿蘇ラブチェアー、スターライトイルミネーション実行委員会 』は、村の観光を発展させたいという思いから、数名の有志で結成しました。

イルミネーションは7年目、ラブチェアーは2年目となります。

 

『 ラブチェアー 』は、JR四国さんの取り組みを参考にさせていただき、南阿蘇の観光地、南阿蘇鉄道各駅に設置してあります。

座る所が斜めになっており、自然と中央に寄り添います。

『 お尻とお尻でお知り合い 』

南阿蘇にお越しになり、ぜひ一度椅子に座っていただき笑顔の写真をアップしてくださいませ。

 

『 復興は確実に前に進みます 』

皆さま、よろしくお願いいたします。

 

ラブチェアー実行委員長 和田浩平

 

 

みんなの投稿コーナー

Instagramでハッシュタグ『 #南阿蘇ラブチェアー 』を付けて投稿してみよう!